業者なら綺麗に張替えできる【ふすまの見栄えを良くする方法】

ふすまを張替えるなら依頼出来る業者を探す

ふすまの汚れや、破れなどが気になる人は張替え専門の業者に依頼してみましょう。ふすま張替え以外にも、網戸や障子の張替え作業を行なっている場所もあるため、年末大掃除のときなどに役立てることができるかもしれません。

ふすまの張替えはプロに任せる!【業者の探し方・張替え作業の流れ】

ふすま

ふすまの用途・張り替えるタイミング

ふすまは、和室に入る際に使う入り口や仕切りとして主に使われています。そのため部屋に入る前に目に留まる場所でもあます。ふすまが与える印象は部屋に与える印象に繋がる事もあるため、なるべく汚れてしまったり・破れてしまったときは張替えるようにした方が良いでしょう。

襖紙の種類で業者を選ぶ

ふすま張替えを行なっている業者は幾つか存在するため、何処の業者に依頼した方が良いのか悩んでしまう・・・という人は少なくありません。そういった悩みを抱えている人は、業者を選ぶときにみるべきポイントを抑えておきましょう。ふすま張替えのときは、部屋の雰囲気に合わせて襖紙を選ぶためなるべく種類を多く揃えている業者の方が良いと言われています。

予算に合わせて探す

なるべく低価格でふすまの張替え作業を依頼したい!と考えている人はあらかじめ決めておいた予算内で依頼ができる業者を探してみましょう。襖紙の種類によって価格は異なりますが、約2500円から襖紙を用意している業者などもあるため低下コストで依頼したい人には最適でしょう。

満足度の高い業者を探す

初めてふすまの張替えを依頼するという人は、襖紙の種類・予算以外にも実際に利用した人がどのぐらい満足しているのか?という部分などを見て探してみてください。満足度の高い業者は、それだけ作業方法にこだわりを持っていると言われています。また、満足度の高い業者の中にはふすま張替え以外にも、網戸の張替え・障子の張替え・畳の張替え作業を引き受けている場所もあります。このように様々な依頼を引き受けている業者なら、一気に張替え作業を行ないたいと考えている人にとっては利用しやすい場所と言えるかもしれません。

ふすまの基本的な張替え基準

最初に襖縁と引手部分を外す

張替え作業の前に、襖縁と引手部分を丁寧に外していきます。この部分は、簡単に外れないようしっかり固定されているため、道具を使って慎重に外していくことが大切です。

張る前に処理をする

界面活性剤を使って下張りを剥がしていきます。界面活性剤を使っても多少板面に残ってしまうため、サンドペーパーなどを使ってキレイに整えていため多少の根気が必要になるでしょう。

裁断とのり付け作業を行なう

次に、新しい襖紙の絵合わせ・丈・巾に合わせカットし、のり付け作業を行ないます。このとき、他のふすまとのバランスを見つつ行なうことが綺麗に仕上げるためのコツになると言われています。

むらなく貼り付ける

糊付け作業などが終わったら、襖紙の上に襖本体を慎重に乗せ襖本体の重みで襖紙とくっつけていくのです。この作業は二人一組で行ない、乾く前に空気抜きをし綺麗に貼り付け乾くのを待ちましょう。

縁の処理&縁付け作業

最後に、引手箇所に切り込みをいれて引手を取り付けます。固定するために釘を使うため、釘穴の位置を確認しながら取り付け作業を行ないましょう。引手の次に枠を取り付け作業終了と言われています。

張り替え業者に依頼してよかったと感じた事

対応も作業も早かった(50代:じっちゃま)

わしの家は、和室が多くて自分でふすまの張替え作業をするのは一苦労なんじゃよ。だから思い切って業者に依頼したんだが、思ってた以上に対応も作業も早くて依頼して本当に良かったわい。

他の部分も依頼できたから嬉しかったです(30代:日本の主婦)

私達の家は、全部が和室なので定期的にふすまや障子・畳の張替え作業をしているんです。でも全部の工程を別々の業者に依頼するのは手間なんで、同じ業者に依頼できたのは嬉しかったですね。プロは流石です!

いつでも問い合わせる事ができたのは嬉しかったですね(40代:男性)

仕事後に、ふすま張替えに関する依頼をできたのは嬉しかったですね。自分で作業をする時間はないので、24時間365日問い合わせしてくれて、対応してくれるのは嬉しいです。

広告募集中